人事戦略コンサルティングとは?~はじめての方へ~

【人事戦略とは?】

組織経営をする上で、必ず必要となるのは「人事」です。

一般的に人事=採用をする部署、研修をする部署、給与計算をする部署・・・ というイメージが強いかもしれません。
弊社は、人事戦略のブレーンを御社にアウトソーシングする業務を 主としています。

人事のアウトソーシング、というと、
「給与計算や、採用計画は、社労士の先生にアウトソーシングしているから」
「うちはまだ人事をわざわざ置くほど、大きくないし、そんな余裕ないよ」 というようなお声を良く聞きます。

一般的には社会保険労務士の先生方は給与計算、労務管理をメインに顧問契約されますが、
弊社は「事業戦略」「新規開発」「業務改善」といった経営に直結した戦略構築と実行を メインにご支援しています。

経営者は、未来と今を見据えながら、過去に教訓を得て、 常に経営を継続させるために試行錯誤を繰り返します。

弊社がご提供している「人事戦略」とは、より経営に近い分野で 人に関わることを戦略的に計画し、
実行に移すために設計する、 非常にプロフェッショナルな技術と思考を必要とする内容です。
企業人事として、採用戦略、研修計画、人員配置などを経営戦略に沿って 創り上げ実践してきた経験をもとに、すべてオーダーメイドになっています。
そのプロセスには大きく4つの思考としくみを考えて現場が 実践できるよう構築しています。

1.ビジョン創り
2. ロジカルシンキング
3.ビジネスストーリーを組み立てる 
4.リーダーシップを発揮する

事業拡大や、新規事業立上げ、業務改善等を行う上で、 常に上記4点を考えながら動かしていくのですが、
その8割を占めると言っても過言でないのが、「人のこと」です

・部署内でコンセンサスを取れない
・部門間の壁がある
・やる気のある人材がいない、育たない
・考えて行動する人材がいない
・会社を任せられるリーダー、マネジャーが育っていない・・・

成熟した日本社会で、生き残るための戦略は、常に変化が求められます。
会社の経営方針、事業戦略に合わせながら 御社独自の採用方法や、育成、
そして恒常的にリーダーを輩出していく 組織作りをすることが肝要です。

なぜならば、この世に同じ会社は二つとして存在せず、 経営者の思いをきちんと組み込んで新しく形にしていくことが、
更なる発展への唯一の道だからです。

弊社の提供する「人事戦略コンサルティング」とは、 給与計算等の労務管理系人事事務は一切取り扱っておりません。

経営戦略をもとに、経営者が、現場が、本業に邁進するためにも、 人事戦略は考えて動く、人事プロフェッショナル、フィーノに安心して業務をお任せください。
otoiawase3.png